>> うさぎ・小動物の里親探し SeekFamily TOP
 
里親さま募集中のインコ二羽、白さんと青灰さん、一時預かり様のお宅に移動しました!
 
インコ16羽を保護された保護主さまは、他の動物の保護もなさっていて
今はご自宅に病気の子がいるため、他の動物との隔離が必要になり、インコ二羽用のお部屋の確保が難しくなってしまいました。
置いておけないことはないけど、もしもっと良い環境があるなら、移動させてあげた方が良いのではないかと迷っている…とご相談を受けていた管理人。
そこに、夢のようなタイミングで、インコ三羽の里親さまになってくださったH様より、インコ二羽をご心配くださるメールをいただき
ご相談差し上げたところ、なんとなんと一時預かりしてくださることになりました。
まさにいま、ミラクル!というタイミングでした。
 
本日、保護主さまとインコさん二羽をお預けしてまいりました。
先だって譲渡された三羽のインコが暮らすお宅におじゃますると、そこにはすっかり羽もつやつやふっくらして、幸せそうな三羽の姿。
このインコさんたち、こんなにキレイなインコだったの…?とただただ驚愕の管理人と保護主さま。
なんだか顔つきも、警戒心が抜けたというか、きょとととん、というまあるい穏やかな表情になっています。
広いきれいなケージに一羽ずつおさまっていて、「ここ、おれの家だけど?」と落ち着いてくつろいでいます。
ケージの扉を開けると、無邪気に里親さまの指に飛び乗ってくるインコさんたち。
元の飼い主さんのところから引き上げてきたときは、全く人慣れしておらず
ケージの横を通るだけでぎゃーぎゃー大騒ぎしていたのに。
あのインコさんたちとは別鳥のよう。
羽の色も、ものすごくキレイです。
インコは健康状態が羽の色に出てしまうので、元気そうに見えても、やっぱり当時は体を悪くしていたんだな…
としみじみ感じました。
そして、いま現在とても健康であることもわかりました。
 

 

 

 
インコをお預けして、おいとましてきました。
帰りがけにAmazonのギフトカードまで頂戴してしまい、恐縮。
(ギフトカードは、SeekFamilyではなく
 インコを保護され、いままでお手元に置いてくださった保護主さまにお渡しいただきました。)
 

 
帰りの車では保護主さまと、
先だって譲渡された三羽が幸せそうだったことにただただ涙し、
その次に、健康な状態だとあんなに綺麗なインコさんたちだったんだねえ…とひたすら驚いていました。
安心してお預けできる方が見つかってよかった、可能な限り援助もしようね、と安心して話しました。
 
白さんと青灰さんは、つがいで同ケージに入れられていたオスとメスで、ケージには巣箱も入っていました。
保護した時点で卵を産んでおり、その後更に一回産卵しており、多分元の飼い主さんは繁殖用に使っていたのだと思います。
これ以上の産卵は白さんの体に悪いと判断し、ケージをわけてからも、お互いが見える位置に常に居て、ケージ内でも一番近い位置にぴったりとよりそっていた二羽。
今日、一時預かりさまのお宅でも、お互いのケージに一番近いところに居ました。不安な顔で、寄り添うように。
 
この二羽には、とてもたくさんのお問い合わせをいただきました。
でも、「二羽一緒に」「別ケージで」「繁殖をお断りしている」という条件を満たす方がなかなか見つからず、
「ショップで買うよりも里親募集している子を迎えたい」「家族として迎え、鳥の病院にももちろん行くつもりです」
と言ってくださる、意識の高い、優しい方が
「一羽だけなら飼えるのですが…」「ケージ二個は難しいです…」という理由で、何人も何人も、ほんとうに何人もの方がご辞退されました。
 
もしかしたら、一羽ずつでも案外大丈夫なのでは?
鳥に詳しい方のもとで、一羽だけで手厚いケアを受けられた方が、現在よりも幸せなのでは?
私はこの二羽のインコのチャンスを潰しているのかもしれない。
と迷った時も、布団の中で後悔した夜もありました。
でも、
仲間から引き離した結果、体調を崩してしまった子を実際見ているため
またネット等で調べても、仲間から引き離すこと自体が、インコに深刻なダメージを与えるという記述もかなりあるため
リスクを犯してまで、譲渡を急ぐ方向に踏み切ることができませんでした。
 
インコ二羽は、本日最高の一時預かりさまのもとに移動しました。
これから、ゆっくり、ゆっくり、幸せをみつけていきます。
 
新たに二羽を一時預かりとして迎え入れてくださったHさま、
もし環境に馴染めなかったときはうちにおいで、とお優しいお申し出をくださったプンプンインコ白さん里親さまのAさま、
本当にありがとうございます。
 
そして、インコさんたちをお気にかけてくださる全てのみなさま、
温かいサポートの手を差し伸べてくださる、全ての皆様に
あらためて心より感謝を申し上げます。m(_ _)m
 
* * * * *
 
すべての行き先をなくした動物が、
「もういらない」という理由で捨てられるところだった16羽のインコのように
温かいおうちに迎え入れられ、
家族の一員として、幸せに暮らすことができますように。
 
人気ブログランキングへ にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 里親募集へ
 
 
>> うさぎ・小動物の里親探し SeekFamily TOP
 

 

Calender

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031